研究会日程

第59回 日本運動障害研究会プログラム

当番幹事:愛媛大学医学部附属病院 臨床研究支援センター
 特任教授 永井 将弘
日時 2020年1月25日(土)
時間 14:00〜18:00
場所 大日本住友製薬(株)東京本社 3階会議室
東京都中央区京橋1丁目13番1号 » 地図はこちら
TEL:03-5159-2500

■スケジュール

14:00〜
14:15
『トレリーフ錠』最新の話題
14:15〜
15:00
【SESSION 1】
○座長:国立病院機構仙台西多賀病院 
院長 武田 篤 先生
  1. パーキンソン病患者の歩行障害に対するホンダ歩行アシストの介入の効果
    〇山本哲*1、吉川憲一*2、古関一則*2、
    石井大典*3、仲澤諒*2、高野華子*2、
    遠藤悠介*4、四津有人*3、松下明*5、河野豊*3
    *1(茨城県立医療大学 保健医療学部 理学療法学科)
    *2(茨城県立医療大学付属病院 リハビリテーション部)
    *3(茨城県立医療大学 医科学センター)
    *4(健康科学大学 健康科学部 理学療法学科)
    *5(茨城県立医療大学付属病院 診療部)
  2. 嚥下障害を主徴として発症したParkinson症候群と考えられる70歳男性例
    〇勝又勇祐、本郷悠、崎寛、山崎啓史、
    古屋佑一郎、松井太郎、池脇克則、海田賢一
    (防衛医科大学校・内科学3(神経・抗加齢血管内科))
  3. レビー小体型認知症治療の精神症状に影響を与えたゾニザミドの治療経験
    〇尾上祐行、沼畑恭子、乗峯苑子、
    吉澤健太、石戸秀明、小川知宏、
    横田隆子、赤岩靖久、滝口義晃、宮本智之
    (獨協医科大学埼玉医療センター 脳神経内科)
15:00〜
15:45
【SESSION 2】
○座長:埼玉医科大学 脳神経内科 
教授 高橋 一司 先生
  1. 大脳皮質梗塞によって生じた一過性ヘミコレアの1例
    〇長岡正範*1、山崎葵*2、渋谷怜那*2
    *1(明倫会日光野口病院 内科)
    *2(明倫会日光野口病院 リハビリテーション科)
  2. 成人型ラスムッセン症候群の一例
    〇ア山快夫*1、高橋朗子*1、林夢夏*1、
    堤内路子*1、眞山英徳*1、高橋幸利*2
    *1(自治医科大学附属さいたま医療センター 脳神経内科)
    *2(静岡てんかん・神経医療センター 小児科)
  3. パーキンソン症状を呈したIBMPFDの65歳女性例
    〇武田勇人*1、梅山昭平*1、伊佐恵*1、
    成瀬紘也*2、石浦浩之*2、戸田達史*2
    玉岡晃*1
    *1(筑波大学医学医療系神経内科学)
    *2(東京大学医学部神経内科)
15:45〜
16:30
【特別講演T】
○座長:福島県立医科大学 脳神経内科学講座
教授 金井 数明 先生
ジスキネジアの発現機序
演者:弘前大学医学部附属病院 脳神経内科学講座
教授 冨山 誠彦 先生
16:30〜
17:00
coffee break
17:00〜
18:00
【特別講演U】
○座長:愛媛大学医学部附属病院 臨床研究支援センター
特任教授 永井 将弘 先生
体内時計とドパミン神経系
演者:九州大学大学院薬学研究院 薬剤学分野
教授 大戸 茂弘 先生